志望動機を書くポイントを知ろう|入試や面接で使える小論文や志望動機の書き方
小論文基礎解説

初めててでも分かる就職する際の志望動機の書き方

志望動機を書くポイントを知ろう

履歴書

志望動機を書く時に大事にしたいこと

志望動機は、履歴書や応募書類を提出する時に書く項目です。企業の採用担当者は書類審査などで、まずはあなたがどんな人物なのかを見ていきます。その際に、なぜこの企業を受けたいと思ったのかを伝える志望動機は、あなたの思いを伝える大事な項目なので、きちんとアピールしていきましょう。インターネットにある例文などを見て参考にしてみるのもオススメです。しかし、例文そのままにならないように、自分だけの志望動機をしっかりと考えるように注意しましょう。

自分の強みが企業の求める人材とマッチしているのか

自分の持っている長所や強みがどんなものなのか、そしてそれが企業とどんな風にマッチングしているのかをアピールしましょう。その為には、まず自分自身のことを分かっていないといけません。自己分析などで自分自身の棚卸しをしましょう。

将来のビジョンがしっかりあるのか

企業側は、あなたがこの会社でどのように成長していきたいのかを見ています。明確に自分の将来の目標やビジョンを描くことで、進みたい方向が決まってきますので、将来どんなことを成し遂げて、どんな自分に成長したのかをまとめておきましょう。

自分がこの企業に貢献できるのか

どんな風に企業に貢献出来るのかをしっかりと伝えることはとても大事です。その為には、企業のことをよく知る必要があります。企業研究をしっかりして、どんなところで貢献していきたいのかを明確に固めておきましょう。

志望動機を答える際に詰まらないようにするコツ

志望動機は漠然とせずに、きちんと答えよう

漠然とした志望動機は、企業側に”思い”が伝わらないです。しっかりと企業研究をして、なぜこの会社なのか?を明確に説明出来るように準備をしましょう。

学ぶ意欲も大事だけど、働く意欲をしっかり見せよう

この会社で勉強したいという志望動機は多いのですが、これだと、採用担当者は会社を学校と捉えているのかと思ってしまいます。勉強熱心な姿勢は良いですが、どんな風に貢献していくのかをきちんとアピールしましょう。

お給料や待遇ではなく、仕事内容に焦点を当てよう

働く側としてはお給料や待遇はとても気になるところです。しかし、面接ではこういったことを志望動機に挙げると、働く意欲が感じられにくかったりしますので、企業の事業内容などに対しての志望動機を書きましょう。

自分をアピールする際は、謙虚な心も忘れずに

自己アピールがただの自慢になってしまっては、いいところも霞んでしまいます。なのでこれまでの実績はアピールしつつ、貢献していきたい旨と、企業の良いところを自分に取り入れていきたいなど、自分を成長させたいと感じさせることもポイントです。

地元愛だけでなく、仕事への熱意も伝えよう

勤務先の場所も応募者にとっては重要ですが、立地だけが理由になってしまうと、家から近ければどこでもいいのか?という印象を与えてしまう場合があります。地元愛をアピールするのもいいですが、お仕事への熱意もきちんと伝えましょう。

広告募集中